サーメル(一家)のひとりごと。

samer.exblog.jp ブログトップ

2012年9月13日

明け方夢を見た。
目が覚めたらなんの夢だったか全然思い出せなくて
ただ、悲しいとはちがうけど、なんだか胸がいっぱいになる夢だった。

それから夢のことなんてすっかり忘れて、
朝ご飯も済ませ、もろもろの用を済ませ、外を散歩していたら
突然、なんの夢をみたのか思い出した。

サーメルの夢だった。

庭にいるサーメルに気がついて、あぁ、サーメル、よかった、よかったーって
そう言っている夢だった。

今ね、朝見た夢を突然思い出してね、
サーメルがいて、サーメル、よかった、よかったって
そう言って・・ってそこまで話したら、とつぜん涙が出て来た。

自分でもびっくりするくらい声出して泣いた。

サーメルがいなくなった時から今まで、こんな風に泣いたのは、
初めてだったかもしれない。


e0146990_441754.jpg





Death is nothing at all
I have only slipped away into the next room
I am I and you are you
Whatever we were to each other
That we are still
Call me by my old familiar name
Speak to me in the easy way you always used
Put no difference into your tone
Wear no forced air of solemnity or sorrow
Laugh as we always laughed
At the little jokes we enjoyed together
Play,smile,think of me,pray for me
Let my name be ever the household word that it always was
Let it be spoken without effort
Without ghost of a shadow in it
Life means all that it ever meant
It is the same as it ever was
There is absolutely unbroken continuity
What is death but a negligible accident?
Why should I be out of mind
because I am out of sight?
I am waiting for you for an interval
Somewhere very near
Just around the corner
All is well.
Nothing is past; nothing is lost
One brief moment and all will be as it was before
How we shall laugh at the trouble of parting when we meet again!

Henry Scott Holland


もし、サーメルがこんな風に思ってくれているとしたら、
この罪悪感だけでいっぱいの気持ち、
ここにおろしても許してくれるかなぁ。

e0146990_4104980.jpg

[PR]
by samerdamani | 2012-09-14 04:24 | サーメル
line

ガゼルのサーメルとその家族が、テーマなくつぶやきます。


by samerdamani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite