サーメル(一家)のひとりごと。

samer.exblog.jp ブログトップ

どうも。サーメルと申します。

e0146990_2552358.jpg
2004年、11月末あたりに生まれたガゼルのさーめる♂です。


e0146990_15215033.jpg


こちらは一家。
e0146990_1625485.jpg
左から、妻のダマーニ 長男のアミール、次男のザーヘル(続々家族増殖中)


e0146990_16251953.jpg
これは育ての母。


e0146990_1742597.jpg
家族です(2008年3月現在)。
秘書追記:クリックすると大きくなります






御用の際は、秘書のはなももが、
e0146990_2593975.jpg
メール:itaitaly@hotmail.com
にて承ります。
Since 2008.3 Copyright(C)samer All rights reserved



e0146990_20184730.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2013-12-31 23:59

2012年9月13日

明け方夢を見た。
目が覚めたらなんの夢だったか全然思い出せなくて
ただ、悲しいとはちがうけど、なんだか胸がいっぱいになる夢だった。

それから夢のことなんてすっかり忘れて、
朝ご飯も済ませ、もろもろの用を済ませ、外を散歩していたら
突然、なんの夢をみたのか思い出した。

サーメルの夢だった。

庭にいるサーメルに気がついて、あぁ、サーメル、よかった、よかったーって
そう言っている夢だった。

今ね、朝見た夢を突然思い出してね、
サーメルがいて、サーメル、よかった、よかったって
そう言って・・ってそこまで話したら、とつぜん涙が出て来た。

自分でもびっくりするくらい声出して泣いた。

サーメルがいなくなった時から今まで、こんな風に泣いたのは、
初めてだったかもしれない。


e0146990_441754.jpg





Death is nothing at all
I have only slipped away into the next room
I am I and you are you
Whatever we were to each other
That we are still
Call me by my old familiar name
Speak to me in the easy way you always used
Put no difference into your tone
Wear no forced air of solemnity or sorrow
Laugh as we always laughed
At the little jokes we enjoyed together
Play,smile,think of me,pray for me
Let my name be ever the household word that it always was
Let it be spoken without effort
Without ghost of a shadow in it
Life means all that it ever meant
It is the same as it ever was
There is absolutely unbroken continuity
What is death but a negligible accident?
Why should I be out of mind
because I am out of sight?
I am waiting for you for an interval
Somewhere very near
Just around the corner
All is well.
Nothing is past; nothing is lost
One brief moment and all will be as it was before
How we shall laugh at the trouble of parting when we meet again!

Henry Scott Holland


もし、サーメルがこんな風に思ってくれているとしたら、
この罪悪感だけでいっぱいの気持ち、
ここにおろしても許してくれるかなぁ。

e0146990_4104980.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2012-09-14 04:24 | サーメル

2012年4月18日

明け方、ダマー二が第8仔目、女の仔を出産。
e0146990_3382553.jpg




久しぶりの赤ちゃんに、
こんなに小さくて、
こんなにかわいかったんだったかなぁ。

e0146990_14485874.jpg


e0146990_14391787.jpg

e0146990_14413167.jpg









うん、そういえば、こんなに愛しかったんだったな。
e0146990_14395525.jpg

e0146990_14482960.jpg

e0146990_14401859.jpg

e0146990_1592692.jpg
e0146990_1591294.jpg








名前はアリーン。
「世界で一番美しい」という意味。
母「ダマーニ」は「喩えようのない美しさ」という意味。
e0146990_1582092.jpg

e0146990_144125.jpg




アリーンをお産した後、胎盤がうまく出ず、
熱を出し、食欲をなくしてしばし大変だったダマーニ。

おっぱいをあげるのが精一杯でくたくただったダマーニに、
何度「こんなかわいい仔を残していかないでよ」と
言ったことか。


アリーンが産まれてほぼ1週間。
元気なアリーンに力をもらうように回復してきたダマーニ。
e0146990_3412151.jpg





母に命をもらって産まれたアリーンが、
母の生きる力になりました。
e0146990_3404373.jpg



e0146990_1544869.jpg



また新しい家族。
e0146990_14493739.jpg

e0146990_14502387.jpg

e0146990_14503794.jpg



力の限り愛させていただきます。
末永くどうぞよろしくね。
e0146990_14495257.jpg


e0146990_14484334.jpg

e0146990_3391181.jpg


e0146990_14572187.jpg


e0146990_14383229.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2012-04-24 15:36 | アリーン

アマール


去年2010年8月22日、早産児で産まれて寝てばっかり、
お母さんマラークも産後の回復が順調じゃなく
最初は随分心配したけれど、いくつもの壁超えて
がんばり抜いて、あっという間にみんなに追いついて
成長したアマール。

がんばりやさんのアマール、最後までよくがんばりました。
最後はふらふらの意識もうろうの中、
ぎりぎり立てなくなるまで立って歩こうとしたアマール。
なんどもなんども、もうここまでかと思う発作を乗り越えた
けれど、
2011年5月5日夜中2時5分、わたしたちをおいて
先に神様のところへいってしまいました。

病気になってから4日間の間に、アマールは
アマールの今を、私が
ちゃんと静かに受け入れる時間を作ってくれました。
苦しそうにもがいて顔をあげるアマールを抱えながらも、
大丈夫だよ、アマール、怖いないからね、大丈夫だよと
静かに話しかけることができました。

最後の発作のあと呼吸が止まり、
でもその前も声をかけたらゆっくり呼吸は戻ったから
なんどもアマールの名前をよんでみたけれど
腕の中で大きくのびて目を大きく見開いて星空見て、
あぁ、もうこれでいっちゃうんだなって。
呼吸が止まっても、しばらくは心臓はゆっくり鼓動していて、
その時は、いっぱい聞こえるように、アマールの名前と
ありがとうをいっぱいいいました。
最後まで泣かずに静かにと決めていたのに、最後はどうしても
がまんできなかったよ。聞こえちゃったかな。





夜中2時のできごとだったせいか、静かないつもの朝が来たら
この4日間のことが嘘だったみたいに思えました。

お母さんマラークよりも一緒にいることが多かった、
アマールが大好きだったサハーバ。
病気になってからみんなと離れたところにいたアマールに今日は会えるの?と
ドアのところまで必ずついてきたサハーバは、
今もアマールを探しています。

普段淡々としてあまり感情を出さない性格の母マラークは、
アマールが病気になって姿を見せなくなった頃から、
砂漠の方を見て柵沿いに行ったり来たりを繰り返し、
時々振り返ってアマールを呼んでいます。

ここ最近はもうすっかり母仔で過ごす時間は
少なくなっていたのに、
しんどそうに寝ているアマールのそばから
離れなかったマラーク。

いつもと変わらないように思えた朝、
そんなふたりに会ったら、この4日間も、
アマールがいなくなったことも、
ほんとうに起こったことなんだなぁって
苦しい気持ちが戻ってきました。

家の中にいても、突然現実感がぐっと迫ってくる時があって、
やっぱりどうしょうもなく息が苦しくなります。
あの、腕の中で、
いったい立つこともできないこの弱った体のどこに
こんな力があるんだろうと思うほどに、
苦しさのあまり足をばたつかせて
首をそり返したあの時間は、
8ヶ月と少しのアマールの人生の中では
とても短い時間だったかもしれないけれど、
もっと楽しかったりかわいかったりした思い出の時間のほうが
いっぱいあるんだろうけれど、でもあの時間を忘れてしまったら
アマールが突然ここから姿を消して
ここにいたことがなんだか幻だったみたいになりそうで、
私のなかではあの抱きかかえながら静かに声をかけてあげるしか
できなかったあの時間はたとえ苦しくても
なんどもなんども思い返したくなります。

夜中、暗い中、ふらふらの足で立ち上がり移動したがった
アマール。足を自分で前に運ぶことはできなかったから
支えられながら移動したんだけれど、
何時間もそんなことをしたのに、
朝明るくなって、移動した場所を見たら、両手を広げたら
届いてしまうくらいの距離でした。


本当はこの夏を超えたら大好きなおねえちゃんサハーバと
お母さんマラークと、これからうまれてくる
アマールのきょうだいとみんなを砂漠に送り出すはずだったから
それがなによりも残念だけど、
先にはジュワーヘルやヌールが待っているから、
許してくれているなら、ガゼルちゃんも待っていてくれるから
アマールが大好きだったサハーバも、
小さなアマールをちゃんと育ててくれたマラークも、
お母さんの代わりにおっぱいをくれて助けてくれたおばあちゃんダマー二も、
頼りなかったけどちょっとの間一緒に過ごせた私たちも、
みんなみんな後からいくからね。
また会おうね、絶対に会おうね。
しんどい思いさせてごめん。
8ヶ月と半分、沢山幸せな時間をありがとう。

2011年5月5日記


e0146990_17503164.jpg

e0146990_1750467.jpg

e0146990_1751112.jpg

e0146990_17511440.jpg

e0146990_17512560.jpg

e0146990_17514242.jpg

e0146990_17525875.jpg

e0146990_17531532.jpg

e0146990_17532917.jpg

e0146990_17534783.jpg

e0146990_1754281.jpg

e0146990_17541578.jpg

e0146990_17542938.jpg

e0146990_17544373.jpg

e0146990_17545556.jpg

e0146990_181020.jpg

e0146990_1811973.jpg

e0146990_1823934.jpg

e0146990_183444.jpg

e0146990_183284.jpg

e0146990_1841093.jpg

e0146990_1851354.jpg

e0146990_1864270.jpg

e0146990_1883658.jpg

e0146990_1891787.jpg

e0146990_18101288.jpg

e0146990_18104224.jpg

e0146990_18114186.jpg

e0146990_1812831.jpg

e0146990_1813969.jpg

e0146990_1815921.jpg

e0146990_18144862.jpg


e0146990_18153918.jpg

e0146990_1816135.jpg

e0146990_18163928.jpg


e0146990_18172549.jpg

e0146990_1818430.jpg


e0146990_1818218.jpg


e0146990_182013.jpg


e0146990_18201764.jpg



その小さな体で教えてくれたこと
ちゃんととりこぼさずにいれているかな。

あの最後の鼓動、絶対忘れない、
忘れないからね。


(5月8日追記)
アマール、アマールに妹が できたよ。
予定日いっぱい過ぎて心配させたけど、
元気な、アマールにとってもよく似た
女の子だよ。

e0146990_1932563.jpg

e0146990_1942763.jpg

e0146990_1963195.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2011-05-08 17:59 | アマール

2011年4月18日

間もなく、4月30日に
1歳の誕生日を迎えるナイームが
今日4月18日の夜9時30分、大きくて明るい月に
足下を照らしてもらいながら、
猫たちに見送られ、
砂漠に独り立ちしていきました。
e0146990_4253536.jpg

e0146990_4292550.jpg




約1年前はこんなに小さかったナイーム。
e0146990_4274030.jpg

e0146990_4275179.jpg

e0146990_4274686.jpg




母に似てちょっと臆病者の甘えん坊、
独り立ちに随分時間がかかったけれど、
意を決して、自分の意志で出ていったナイーム。


その強さがあれば大丈夫。
そう信じているからね。
がんばれ、ナイーム。
e0146990_4302852.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2011-04-19 04:35 | ナイーム

2011年4月13日

2011年4月13日、小雨の降る早朝、まだ夜明け前、
アミール、ザーヘル、ハディーヤ、マラーク、ヌール、サハーバに続く
サーメルとダマー二の第7仔、3女の
ディーマが誕生しました。
e0146990_1351297.jpg




e0146990_13531695.jpg




e0146990_13542999.jpg

e0146990_13541166.jpg




ディーマの意味は「小雨」。
砂漠では雨は直接命をつなぐもの。
嵐のような大雨ではなく、
しとしとと、静かに、でも砂漠に
穏やかな気候を運んでくれる小雨。
丁度ディーマが産まれる前の日から久しぶりの
静かな小雨が続き、4月になって続いた40度近い
夏日もしばし休憩、穏やかな日々が続いています。

e0146990_14351937.jpg




やんちゃな小雨に、穏やかな毎日が待っていますように。
e0146990_1356740.jpg





我が家へ、ようこそ。
e0146990_1410533.jpg

e0146990_1410740.jpg



e0146990_14165290.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2011-04-18 14:18 | ディーマ

2011年2月5日


2011年2月5日、
日差しの強い午後、ハディーヤの第二児、
長女アティーヤ誕生。
e0146990_19592269.jpg








e0146990_2094154.jpg

e0146990_20105120.jpg






e0146990_2013124.jpg

e0146990_2012854.jpg





おかあさんが、チュッ。
e0146990_20141761.jpg


アティーヤが、チュッ。
e0146990_2015862.jpg


ふたりで、チュッ。
e0146990_20155744.jpg


母「ハディーヤ」は、「贈り物」という意味。
娘「アティーヤ」も、「贈り物」という意味。
大きなプレゼントの箱の中に、
小さなプレゼントの箱が入っていました。
e0146990_20173357.jpg






お兄ちゃんにもご対面。
e0146990_20252162.jpg

e0146990_2026227.jpg

e0146990_20265479.jpg



e0146990_20274590.jpg





e0146990_20303148.jpg




e0146990_2038437.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2011-02-05 00:00 | アティーヤ

2010年8月22日



真夜中2時頃、
次女マラークが女の仔を出産。
e0146990_1744877.jpg



予定よりも1週間ほど早い早産のため、
とても未熟で誕生。
細くて小さくてなんだか頼りなくて、
最初の一歩の意味がどれほど大きかったことか。
e0146990_17475244.jpg


e0146990_20595834.jpg

e0146990_211474.jpg



母も仔も試練はこれから。
「母仔ともに、無事乗り越えられますように」と
願いを込めて、名前は「希望」という意味の『アマール』に。
e0146990_2044772.jpg

e0146990_20592029.jpg








何もかもが、小さくて
眠ってばかりのアマール
e0146990_2023311.jpg

e0146990_20235424.jpg
e0146990_2024863.jpg

e0146990_20495647.jpg

e0146990_20501253.jpg



母マラークも、予定より少し早い早産、
やや未熟で生まれ、
e0146990_20261858.jpg


産まれた当初は他の仔に比べ、
力弱く、眠ってばかりいる仔でした。
e0146990_20281240.jpg


そのマラークが母になり、
e0146990_21151656.jpg
e0146990_20354485.jpg

e0146990_2036463.jpg




自分が母ダマーニにしてもらったように、
e0146990_20473985.jpg

e0146990_20475843.jpg


e0146990_20481223.jpg

e0146990_20483339.jpg



たった1週間の中起こった、いくつもの試練を乗り越えて
愛情いっぱいに子育て中。
e0146990_20362288.jpg

e0146990_20561451.jpg


それに応えるように、
たくさんの家族の愛に囲まれて
アマールは、毎日飛躍的に成長を遂げています。
e0146990_2141038.jpg

e0146990_2174124.jpg



e0146990_2153748.jpg

e0146990_2155949.jpg

e0146990_2163337.jpg

e0146990_2165179.jpg

e0146990_21767.jpg

e0146990_2172530.jpg

e0146990_215583.jpg



e0146990_22233610.jpg



e0146990_2182867.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2010-08-29 21:30 | アマール

2010年7月12日


真夏の真昼間、12:44、ダマーニの第6仔
とても元気な女の仔、サハーバ誕生。

e0146990_21211527.jpg


e0146990_2124588.jpg



e0146990_2131237.jpg




e0146990_21234880.jpg

e0146990_2124202.jpg


e0146990_21225781.jpg


e0146990_21231736.jpg


e0146990_21331323.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2010-07-13 21:34 | かぞく

5月26日



e0146990_18465259.jpg

[PR]
# by samerdamani | 2010-05-26 18:48 | ダマーニ
line

ガゼルのサーメルとその家族が、テーマなくつぶやきます。


by samerdamani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite